クラブ情報

トップチーム公式戦日程/結果

2017明治安田生命J3リーグ   第14節

AC長野パルセイロ 2 0 前 半 1 1 ギラヴァンツ北九州
2 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- P K -
得点者
81分 有永 一生
83分 天野 貴史
5分 池元 友樹
DATA
0 シュート 0
0 GK 0
0 CK 0
0 直接FK 0
0 間接FK 0
0 オフサイド 0
0 PK 0
スターティングメンバー
16 阿部 伸行 GK GK 高橋 拓也 21
3 大島 嵩弘 DF DF 福森 健太 3
4 内野 貴志 DF DF 浦田 樹 13
26 遠藤 元一 DF DF 加藤 弘堅 17
35 天野 貴史 DF DF 刀根 亮輔 41
14 東 浩史 MF MF 神崎 大輔 15
17 明神 智和 MF MF 内藤 洋平 18
24 新井 純平 MF MF 川島 大地 19
25 有永 一生 MF MF 花井 聖 20
7 佐藤 悠希 FW FW 水永 翔馬 9
13 勝又 慶典 FW FW 池元 友樹 11
リザーブ
21 武田 大 GK GK 山岸 範宏 1
15 西口 諒 DF DF 石神 直哉 2
6 岩沼 俊介 MF DF 鈴木 翔登 4
8 菅野 哲也 MF MF 井上 翔太 10
9 塩沢 勝吾 FW MF 中原 秀人 22
18 荒田 智之 FW FW 茂 平 7
28 小林 秀征 FW FW 小松 塁 25
交代
OUT IN IN OUT
7 佐藤 悠希 9 塩沢 勝吾 57分 46分 22 中原 秀人 19 川島 大地
13 勝又 慶典 6 岩沼 俊介 66分 77分 7 茂 平 15 神崎 大輔
14 東 浩史 8 菅野 哲也 77分 83分 25 小松 塁 9 水永 翔馬
警告・退場
5分
内野 貴志
67分
明神 智和
レポート
応援ありがとうございました。


【浅野監督コメント】
遠いところまで応援に駆けつけてくださったサポーターの皆様に感謝を申し上げたいと思います。非常に熱い声援で我々の背中を押してくれて、本当にゲームにつながったと思います。
先制されましたが、時間がかなりあったのであまり慌てることなく試合を進めようということで選手たちと話をしていました。前半何度か深いところまで崩していけたので、あとはエリアの中のアイデアだったり精度だったりというところを、どう後半につなげていくかというところでした。少し時間はあったんですけれども、最終的に少しシステムを変えてサイドに起点をつくろうという形にしたところ、うまくサイドからクロスが入ってチャンスになったところで逆転できたというゲームでした。何より選手たちが強い相手に対して立ち向かっていってくれたところ、最後の最後までGKの阿部を中心に攻め込まれてもしっかり跳ね返すという我々のストロングなところがよく出たゲームだったと思います。多少の運はあったかもしれませんが、それを生んだのは選手たちのこのゲームにかける想いだったと思います。
ミッドウィークにFC東京さんと天皇杯を戦って、その時とは若干メンバーは違うんですけれども、彼らの分も今日は絶対に勝って帰ろうと皆で士気を高めて臨んだ結果、苦しい展開でしたけれども、最後に逆転できたのは、我々29名の選手全員が一つになったからだと思っています。

【阿部選手コメント】
失点に関してはチームの甘さが出た部分もあるし、それを僕がストップできなかったのは残念でしたし力のなさを感じたんですが、そのあとに前半チャンスをつくれていて、後半は絶対やれるという感覚があったので、それが大きかったです。そして、水曜日にあった天皇杯のFC東京戦に行っていたメンバーが、もう一回闘う気持ちに火をつけてくれたことも大きかったです。チームメイトがあんなに熱いプレーをしてくれて、それで自分たちが今日情けないプレーをするというのはチームとしてありえないので。
(試合終了後に水谷コーチのもとに走り寄ったのは)いつも支えてもらっているので。武田と田中と水さん(水谷GKコーチ)と主務の関と5人でいつも練習しているんですけど、切磋琢磨しながら練習できているので、いつも共に練習をしている皆に感謝をして、その想いが爆発して走り寄りました。
古巣との一戦で、もちろん特別な気持ちはありましたけれども、平常心で闘わないとと思っていたのであまり考えずに、スタジアムに入ったらやれる準備をしっかりして、水さんや武田もいい声をかけてくれたので、なんとか冷静に入れたと思います。

【天野選手コメント】
失点はしましたけど時間帯が早かったし、前半もチャンスはつくれていて決めきれなかっただけなので、得点するのは時間の問題かなと思っていました。後半も立ち上がりから結構チャンスがあって決めきれるシーンもある中で決められず、その中で相手もいいプレーが出てきて、そこの時間はきつかったですけど、交代で入ってきた選手とも合ってきていたので、そこで逆転できてよかったです。
俊(岩沼選手)が入って、だいぶ左からクロスが上がってきていたので、なんとなく自分にこぼれてくるかなと思っていたんですけど、得点シーンに関しては相手のクリアボールをアリ(有永選手)がうまく競ってくれていて、僕は見えていないだろうと思ったので、そのボールをうまく入れ替わるようにして、塩さん(塩沢選手)が中にいたんですけど相手キーパーも出ていたので、自分でいきました。本当はベンチまで喜びに行きたかったんですけど、もう疲れてて…(笑)。それに琉球戦やC大阪U-23戦の時も取った後にすぐ失点していたので、喜びすぎるのはよくないと思って、勝ってから喜ぼうと思っていました。
最近勝てていなかった中で、アウェイですけど勝てたことは大きいと思いますし、これをさらに大きいものにするにはこれからのゲームが大切だと思うので、今日はよかったですけど、切り替えて次も勝てるように頑張りたいです。
そして、今日遠い九州の試合だったにも関わらず、これだけのサポーターの方に来ていただいて、皆さんに勝点3をプレゼントできて本当によかったですし、次回はホームなのでまた勝点3を皆さんに届けられるように、いい準備をしていきたいと思います。